代表挨拶

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

㈱桜花は、平成28年から動き出した生まれたばかりの会社です。

私自身、産業廃棄物業に携わるのは初めての事でした。

幸いなことに産業廃棄物経験のある、若く元気なスタッフに恵まれ、

少しづつですが、お客様にご満足頂けるよな業務が出来てきているのでは、と実感しております。

「産廃」という言葉は、未だ明るいイメージが持たれていない様に感じます。

それは、私たちの仕事があまり目に触れることの無い、日陰のような存在だからではないでしょうか。

新しい建物、リフォームされた部屋、整備された道路、新たに創造されるものが日向だとすれば、「産廃」は日陰の裏方です。

しかし、だからこそ私たちの仕事は自ら律し、法令遵守で取り組まなければならないと考えます。

真摯に、実直に取り組むことが、私たち日陰の仕事だけではなく、社会全体を明るく照らすものだと信じて、

細くても、長く途切れることの無いお付き合いを皆様と続けて行きたいと考えております。

代表取締役  松本 善之